オナニー

オナニー万国博覧会では世界中から探し出した様々なオナニーに関する作品とその情報を展示・公開しています。見て楽しむも良し、それらを使って自分でするのもまた良し。入場無料でどなたでもお気軽にご利用下さい。



入口


オナニーとは世間での扱いや考え方が様々でその歴史についても諸説あるが、語源として最も有名なのは旧約聖書に出てきたオナンにまつわる逸話だろう。この男が未亡人となった兄嫁との間に子作りを強要されるが、それを嫌がり地に精を放った行為からこう呼ばれるようになったと言われている。また、昭和頃までは様々な俗説(それも悪い印象のもの)が多数流れていたが、なんの医学的、科学的根拠もないものばかりだった。例えば「やりすぎるとバカになる」「弄りすぎた部分が黒ずんでくる」といった具合のものである。しかし、現代の平成の世になってから、心理学的な側面などからも自我を形成する行為の一環としてとらえられ、また将来的な行為への予行演習といった意味合いなどでもある程度推奨する風潮も出てきている。これらの移り変わりは時代や慣習の変化のみならず、文化的な思想や性医学的なものが発達した近代だからこそとも言えるだろう。実際に中学生にもなれば半数以上が経験しているというアンケート結果もある。しかしながら社会的にはいまだ性的な行為を若年層が行うことに関しては抵抗があるという人も多く、規制を強化しようという動きも少なくはない。しかしながら性教育においては小学校高学年くらいから始まるもので、該当年代における好奇心は親や教師の言葉以上に強く、実際に自ら確かめてみたくなる衝動に駆られる場合も往々にして存在する。こういったことが若年代におけるオナニーの普及に繋がっている。また、児童期における性交渉の目撃はトラウマとなりやすく、他者との性的行為を避ける反面自らの内側に閉じこもりオナニーに欲求不満の解消を求めるようになりやすいとされる。そのため、各家庭においても子供がいる家庭においては自宅での性交渉には細心の注意を払い、オナニーについても正しい知識として教えるようにするべきであると考えられる。オナニーそのものの行い方については性別の違いや個人の嗜好・性癖などの差異によって様々だが、一般的には手や道具を用いて性器を刺激することで性的満足感を得るというものが大多数を占める。肉体的刺激のみではなく精神的充足感を得るために映像などの視覚効果で補助しながら妄想するなどといった行為も同時に頻繁に見受けられる。この補助目的とする視覚効果(映像・画像など)を俗称としてオカズと称する。




交通アクセス 施設利用案内 お問い合わせ


Copyright © 2008 cock-robin.com All Right Reserved